歯科衛生士とは

歯科衛生士になるには、高等学校を卒業後に歯科衛生養成機関で、歯科衛生士としての知識や技術を習得します。専門教育課程を修了した後は、歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家試験に合格しなければいけません。歯科衛生士になるための修業年限はこれまで2年制以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の指定規則が一部改正され、平成22年からすべての養成機関は3年制以上になりました。また4年制大学や大学院において学び、研究者への道も開かれてきました。歯医者さんの仕事に、「歯科助手」という業務があります。歯医者さんの先生の助手をしている人といったら、「歯科衛生士」より「歯科助手」を思い浮かべる方が多いかもしれません。国家資格など特に資格を必要としない「歯科助手」と、歯科衛生士国家資格が必要な「歯科衛生士」、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。歯科助手は法的に直接患者さんの口の中に触れる行為ができないのに対して、歯科衛生士は、歯科医師の指示のもと、口腔検査の補助、歯の型とり、仮歯の作成などの「歯科診察補助」が行えます。また歯科助手は予防処置などの業務を行うことができませんが、歯科衛生士は、歯周疾患の予防のための歯石除去や虫歯予防のための薬剤塗布など「歯科予防処置」、食事のとり方や歯磨きのアドバイスなどの「歯科保健指導」なども行います。しかし歯科衛生士単独で診断・治療・レントゲン撮影を行うことはできません。

 

<参考>
・歯科衛生士の求人情報や転職情報はこちらのサイトを参考にさせてもらいました・・・歯科衛生士 求人